蜘蛛と音楽 '08 7月12日 ACIDMAN LIVE TOUR "LIFE" FINAL ライブレポ 忍者ブログ
ルーララーうーちゅーうのーかぜにーのーるー♪ってな具合のブログ(・ω・)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月12日

ACIDMAN LIVE TOUR "LIFE" FINAL

Before say, "Hello my name is over."


 幕張到着

海浜幕張の駅に着く少し前あたりから、電車の中でACIDMANシャツを着ている人数人を発見し、一緒にいた友達と早くも軽く興奮状態にw

で、電車降りたらすぐに磯の爽やかな香りがする、何ともクール(?)な海浜幕張の駅に到着。

駅出ると、「ここら一帯全部幕張メッセ!?」と錯覚してしまうくらい、幕張メッセらしき建物がバーッと辺り一面に広がってて、まぁ早い話が、ACIDMANのライブ行くには一体どこに行きゃいいのか、ちょっと軽くパニクったw
何人かのACIDMANシャツの人の流れのおかげで何とか助かったけどw

あー、あと何か微妙に天気悪かったね。雨が降ったり止んだりしてた記憶が。
つーか俺がライブ行く時っていつも天気悪い気が・・・(ラッドの時なんか大嵐だったしw)。ライブの時限定の雨男か?w
最悪やん(^ω^)ww


 幕張入場

会場に無事辿り着いて、まず思ったのが幕張の広さ。
外も中もすごい広い。さすが各種大型イベントを連日やってのけるだけのことはあるね。
個人的には、ゼップみたいにいかにも「ハコ」って感じの方が好きだけど、幕張のデカさも結構クセになりそう(´ω`〃)

・・と、すっかり平和ボケ(?)していた俺は、この時点ではまだ幕張の恐ろしさには気付いていなかったのであった・・・(後述)。

それから、建物入ってからしばらく歩いたとこに、「Acidman Live Tour "Life"」の看板を発見!!



それだけで早くもテンション上がりまくり←素人無念w

しかも、この看板の近くの壁伝いに、「オールドサンセット」のリハが少し聞こえてて、一緒にいた友達とめっちゃ騒いでましたw

あと、入場の時にビニール製(?)のリストバンドがもらえて(ツアータイトルとかが印刷されてた)、それが手首にしておけば退場・再入場可というふうな仕組みになってました。
記念にもなるし(めっちゃチャチだけどw)、こういうのはすごい良いアイデアだと思う。

んで、物販でピンクのTシャツと一悟タオルを購入(最後の方に写真あります)。
つーかTシャツ、Mサイズ買ったらめっちゃデカかった・・wこれ絶対一般的にはLサイズの大きさだと思うw
Sにしときゃ良かったーorz


 ホール入場

場所は一番前のAブロックだったんだけど、どこからAブロックに入ればいいのか分からず、軽く友達と迷うw

ただ、これは自分達が方向音痴ってのももちろんあると思うけど、スタッフ(?)の誘導にも正直問題あったと思う。
いや、何でかって、他にも迷ってた人結構いたからさ(´・ω・`)w

で、俺は友達と、伸夫よりのAブロックの真ん中のちょっと前の方にいたんだけど、まずびっくりしたのがカップルの多さ。
まぁ良識あるカップルならまだ良い(?)んだけど、男の方は完全にアイタタな伸夫ファッションだし(帽子やらストールやらブーツやら、なめてるとしか思えん)、女の方はヒールかサンダルがほとんどだったし、ライブに来てるのか何なのかよく分かんない奴等ばっかだったからなぁ(´-ω-`;)マジでウザかったわー。

で、それに加えて個人的に驚いたのが、フェンスがブロック毎を分ける部分にしか存在しないこと。
これはもう自分自身のライブ経験が浅いだけで(w)、大きい場所ではこういう仕様が当たり前なのかもしれないけど、ライブ開始直後はちょっと焦った(^ω^;)
フェンスがないから、人の波にどこまでも押されて(一般男性に比べて頭一つ分背が低いもんだから、なかなかその勢いを避けられないw)、1曲目の「REMIND」はほとんどちゃんと聴けなかった・・。しかも眼鏡も落とすしwまぁすぐ見つかったから良かったけどwマジ死ぬかと思ったw

今度また幕張(もしくは他のデカいとこ)にライブ行くことがあったら、フェンスのことを頭に入れて、少し後ろの方で見ようと思います(´ω`)


 セットリスト

SE. LIFE(the beginning)

1. REMIND
2. ストロマトライト
3. swayed
4. Ride the wave
5. River
6. 式日
7. スロウレイン
8. 街の輪郭
9. リピート
10. 赤橙
11. WALK
12. room NO.138(inst)
13. 彩-SAI-(前編)
14. 彩-SAI-(後編)
15. オールドサンセット
16. FREE STAR
17. 金色のカペラ
18. world symphony
19. ある証明
20. UNFOLD
21. TO THE WOLRD’S END

アンコール
1. シンプルストーリー
2. アイソトープ
3. Your Song

SE. LIFE(the ending)


最初の、

ホール内暗転

LIFEのSEがスクリーンの映像と共に流れ出す

SE終わって、再び暗転

先程のステージ上のスクリーンに、ACIDMAN3人のシルエット

ドラムソロ

REMIND」演奏開始

の流れは神がかってたなぁ(´ω`〃)
まぁ前述の通り、眼鏡落としちゃってあんま聴けなかったんだけどねw

でー、個人的にACIDMANの中で一番好きな「Ride the wave」で、体中の細胞が歓喜の悲鳴を上げてたwイントロからもう熱すぎw

あとは、アコースティックアレンジ(軽く不意打ちw)の「リピート」、「赤燈」も良かったし(ただ、手拍子は本当止めてほしかった。さすがに最低限の空気は読んでほしいよね・・・)、サトマのアップライトベースにヨダレが出そうになった「room NO.138」、そして、国内最大級(らしいw)のスクリーン映像が見事に効果をあげた「彩-SAI-」もヤバかった!

最後の「UNFOLD」、「TO THE WOLRD’S END」の流れにも泣きそうになった・・。

アンコールも熱かった!
まさか「シンプルストーリー」をやってくれるとは!!激アツ!!


 うろ覚えMC

最後の方の伸夫のMCを除いては(後述)、ほっとんど一悟がいじられてたなぁw

ホモだとかゲイだとか言われたり(お母さんが見に来てるのにw)、Tシャツのセンスがないって馬鹿にされたり、あとはムチャぶりで変なプロレスラーの真似させられたりとか・・w

まぁ、途中途中で伸夫の喉(声)の調子が悪いみたいな話もあったし(実際何回か裏返ったり、かすれてたり、良い状態ではなかった)、終始ふざけてたわけじゃないんだけどね。

あ、あと、サトマがコンビニでジャンプでワンピース立ち読みして、ガチで泣いたらしいw


 「Life」、「生きる」ということ

「UNFOLD」に入る前のMCで、伸夫は、「Life」、つまりは「生きる」、「生命」ということについて、真剣に語っていた。
今回のツアーの名前にもなっているアルバム名、「Life」に込められたその想いや、生きることについての自分なりの考えを、会場の1人でも多くの人間に伝えようとしていた。
そして、それらを伝え終わった時、伸夫が懸命に涙を堪えているのが分かりました。いや、もしかしたら堪え切れずにその涙は流れていたかもしれない。

伸夫は、「生きる」ということについて、善か悪かは決められないもので、その先に答えはないだろうということが答えだと話していた。
しかし、自分は「生きる」ということは善だと思っている、当たり前のように生きているという当たり前の喜びを知ってほしい、毎日を生きるということがいかに奇跡的で美しいものかということを分かってほしい、と、「生きる」ということの素晴らしさを話していた。

正直、俺は「生きる」ということが善だとは思えないし、思いたくない(この「生きる」は、人間という生物のみに限定した場合ですが)。
人間が生きている限り争いはなくならない。昨今、この国では残酷な殺人事件が当たり前のように日々報道され、世界にまで視野を広げれば、戦争や殺戮、人間が人間の命を断つという行為が、今正にこの瞬間にも平然と起こっているこの現実。
地球の将来が危機に面しているとかいう番組なども最近よく目にするけど、早い話、人間が絶滅して、人間が作り上げた文明が全て崩壊すれば、地球という星も、その他の動植物も、何の妨げもなく生きていけると思う。
「無駄な命はこの世にはない」と言う人がよくいるけど、それなら、無差別な殺人者(=無駄ではない命)によって奪われた無数の無駄ではない命の将来や、その先に見ていた光の続きを誰が救えるというのか。
「生きる」ということが善など、この上なく偽善なもので、嘘っぱちで、救いようのない考えだ。

でも、涙ながらに語った伸夫のあのメッセージに何一つ偽りはなかったと思うし、人間という生命に半ば絶望している俺の目にも、あの瞬間、確かに涙は溜まっていたし、偽善にしか聞こえない言葉でも、ACIDMANというバンドのギターボーカル、表現者、アーティストである伸夫がそれを口にすることによって、それに信憑性が生まれるんだと信じたいし、あの会場にいた人間のほんの一握りでも、この伸夫の言葉に動かされてほしいし、自分自身もまた、この先、どれくらい先になるかは分からないけど、この時の伸夫の言葉の重みの全てが受け止められるようになりたい。

ありがとう。



A Wonderful Life
starts from
Acidman!



 帰宅

実は最初の方(ライブが始まる1時間くらい前)にトラブルがあって、コインロッカーを友達と一緒に使ってたんだけど、色々あって2回程荷物を入れ直さなきゃいけなくなっちゃって(w)、要は300円を3回分投下するはめに(^ω^)

元々俺もその友達も全然金持ってなくて、物販でTシャツとタオル買っただけでもうほとんど金なくなっちゃって、結果、帰りの電車で、パスモのチャージ額が足りずに改札を出れなくなるという非常事態にww

本当焦ったわー!ライブの最初で眼鏡落とした時よりも全然焦ったww
結局、友達が1回家帰って金持ってきてくれて、それでチャージし直して何とか出れたんだけどねw

そして、この日からかなり金を余分に持ち歩くようになったw

で、そっからガストで深夜の2時くらいまでライブの余韻に浸って(感想とか色々言い合ってたw)、解散!

楽しかったー!マジで楽しかったわ!!
ひとつのライブとしては、もしかしたらラッドよりもスピッツよりも良

最っ高の1日でした!!!!!

+ + + + + + + + + +
スピッツの時よりは短くできましたが、まだ無駄に内容が長すぎですよねw
しかも、それなりに忙しいくせにこんだけ書こうとするから、相変わらず仕上がるのが遅いし(2ヶ月以上経っとるw)、駄目ですねやっぱ(^ω^;)

次からはなるべく簡潔にまとめられるようにします!
ここまでお付き合いくださった皆さん、ありがとうございました!!

あと、このレポのアップに合わせて、昔のブログで書いたラッドのライブレポを、こっちにアップし直したいと思います。
来週中くらいにはやりたいですね。

それでは!(・ω・)ノシ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
管理人[なかの]


趣味: 音楽鑑賞
好きな音楽: ロック全般
特に好きな音楽: スピッツ

スピッツを含め、アジカン、ベボベ、FACT、ラッド、9mm、時雨、そのへんがヘビロテです。
が、音楽歴よりもガンダム歴の方が圧倒的に長いです。
そのへんはもう開き直ってます(^o^)
twitter
ブログ内検索
検索エンジンなどからこのブログに来て、探している内容の記事が見つからない場合、再度下の検索エンジンから検索し直してみてください↓

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
▶相互リンク
EAGLE FLY FREE
フェイク*ファー
飛確認未行物体
・*毎日がプカプカプー*
Blog Sugerock
スピッツ歌詞研究室
夢人
グダグダ日記
何の脈絡も無く。
☆XミチノクサXのァホな日常★
虹色ディレイ
・黒鉄君の目☆
・チョコレート&カスタード&チェリーソース
新しい世界へ・・・
vuragile
※リンクがないのは、更新終了かリンク切れしてしまったサイトさんです。

▶管理人用リンク
管理ページ
記事作成
最新コメント
[12/30 NONAME]
[10/12 NONAME]
[09/04 地学]
無題 【返信済み】
[08/09 YUMA]
メールフォーム
何か連絡などあればどうぞ↓

カウンター
バーコード
広告: 忍者ブログ // [PR]

Template By ゆきぱんだ  //  Customized By なかの