蜘蛛と音楽 '10 4/18 LIVE SUPERNOVA 50 DX ライブレポ 忍者ブログ
ルーララーうーちゅーうのーかぜにーのーるー♪ってな具合のブログ(・ω・)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

mixiにて、音楽友達からチケットを譲ってもらい、急遽行けることになった、LIVE SUPERNOVA 50 DXのレポです(・ω・)ノ

FMのJ-WAVE主催のとても豪華なライブで、ずーっとライブを心待ちにしていたアジカン、何だかんだで5回目の参戦になった(下手したら友達よりもたくさん会ってる気がする笑)ベボベ、去年友達に薦められてからほぼ毎日聴いてるスクールフード、初めてYouTubeでPVを見た時、日本人離れしたボーカルと純粋に楽しいサウンドに鳥肌が立ちっぱなしだったボゥディーズと、個人的に最もライブに行きたかった4組をまとめて見ることができた、素晴らしいイベントでした!

この時はまだ就活が完全に終わっていませんでしたし、学校の研究室にも配属されたばかりで色々と落ち着かない日々でしたが、だからこそ、このライブが自分に与えてくれたパワーはとてつもないものでした。

実際のライブの日からはおよそ2ヶ月程経ってしまっていますが、その辺はいつも通り大目に見て頂けるとありがたいです!笑

+ + + + + + + + + +
◆ THE BAWDIES

01. IT'S TOO LATE
02. EMOTION POTION
03. HOT DOG
04. KEEP YOU HAPPY
05. I'M IN LOVE WITH YOU
06. I'M A LOVE MAN
07. KEEP ON ROCKIN'
08. YOU GOTTA DANCE


ボゥディーズに関してはかなりにわかなので、曲を全然知らない状況でどれ程ライブを楽しめるか少し不安だったのですが、そんな心配は全く無問題でした!



ここまで純粋に楽しいと感じられ、終始笑顔でいられたライブは初めてだったかもしれません。曲の演奏自体はもちろんですが、MCでもボゥディーズのメンバーの仲の良さが伝わって来て、つられてこっちもニヤニヤしてましたw

最近はテレビにもちょくちょく出るようになってきていますし(オンタマは毎日チェックしてた!)、これから更なる躍進が期待できるバンドだと思います。
衰退気味の日本の音楽シーンを、明るく切り拓いていってほしいです!


◆ school food punishment

01. future nova
02. you may crawl
03. light prayer
04. sea-through communication


個人的には去年のCDJ以来の2回目のスクールフードのライブでしたが、相変わらず綺麗。とにかく綺麗、という印象でした。
音の流れというか、そこに存在する空間というか・・、全部ひっくるめてスクールフードの空気に飲まれてる感じがたまらなかったです!



全体的にお客さんのノリがイマイチだった気がしますが、一緒に行った友達(かなりディープなスクールフードファン)によると、ワンマンでもこんな感じ、とのこと(´・ω・`;)
いや、まぁでもそんなにうわーっと暴れるような曲調でもないし、おとなしく聴くぐらいが丁度良いのかな?

それにしても素敵なライブでした!


◆ Base Ball Bear

01. Stairway Generation
02. 祭りのあと
03. changes
04. ホワイトワイライト
05. ドラマチック
06. CRAZY FOR YOUの季節
07. LOVE MATHEMATICS


いつも通りの安定感です。最高でした。
セトリもかなり順当(エレサマがないくらい)。ただ「祭りのあと」を2曲目でいきなりやったのは意外でした!いつも以上にテンポ早めでかっこよかった(^ω^)b



ホワイトワイライト」とか、個人的に自分のバンドでかなり思い入れのある曲が聴けたのも嬉しかったなぁ。

MCでは、相変わらずこいちゃんがかっ飛ばしてましたw 他のメンバーを弄る弄るww
将平さんが「テレビでずっとのど自慢を見てた」と弄られ、堀之内君が「そののど自慢に出てた女の子が最近マンネリ気味だっていう彼氏にそっくりだった」と弄られ、関根嬢が「関根は普段着はゴスロリだもんね」と弄られ、かなりカオスなことになってましたw
でも、こんなお馴染みの掛け合いも含めて、ベボベのライブは悔しいくらいに楽しいんだよなぁ。

いよいよ今月に迫ってきた日比谷野音の2日間、この日以上に楽しんでやるっ!!


◆ ASIAN KUNG-FU GENERATION

01. 新世紀のラブソング
02. センスレス
03. アンダースタンド
04. 迷子犬と雨のビート
05. ブルートレイン
06. 惑星
07. マジックディスク(新曲)
08. 振動覚
09. リライト
10. ソラニン

en.
01. 君という花


高1の時からずーっと好きで、ライブに行きたくてしょうがなかったアジカンですが、この日ついに彼らの生の音に触れることができました。
とにかく、すごかった。

ギターのラインはシンプルだし、会場をワッと沸かせるような過激なパフォーマンスがあるわけでもないけど、それでも、「アジカン」っていうロックバンドが作り出す音のパワーって本当にすごいと思った。
ワンマンじゃないから曲数はそこまで多くなかったけど(アンコールはやってくれたけど)、最高に濃密な時間だった!



新曲をやってくれたのも、原作も映画も何から何まで好きすぎてしょうがない「ソラニン」をやってくれたのも相当嬉しかったけど、「アンダースタンド」での一体感とか、「振動覚」の裏話(ゴッチがバンド少年になるきっかけをくれたオアシスの曲の一部分の和訳が、「振動覚」のCメロの詞で使われてる)が聞けたりとか、ライブならではのアジカンの空気がすげー心地良かった。
初めて聴いた時はホーンが不自然に感じられてどうも好きになれなかった「迷子犬と雨のビート」も、今回のライブではホーン無しバージョンを披露してくれたおかげで、かなり自然に耳に入ってくるようになったというか、いつの間にか自分のなかでのヘビロテ曲になってるし!
あ、アンコールの「らっせーらっせー!」も良かったっす(^ω^)w

あと、ゴッチがMCで、「2010年ってすごいキリが良いからさ、去年までの嫌なこととかは全部忘れて、帳消しにしちゃおう。リセットしても良いと思うんだよね」的なこと言ってて、去年まで色々ごたごたしてて終始モヤモヤしっぱなしだった自分にはかなり響いたなぁ。
雑誌のインタビューでは嘘っぱちに聞こえるような言葉でも、生で聞くと不思議な力が加わるから不思議。ゴッチはやっぱすごい。

また絶対ライブ行きたいわ!!!



写真やら何やら↓


到着早々、何故か「レモンとはちみつクレープ」と記念撮影w
(以下、自分と友達はオチョナンさん補正でお送りします)



ゼップの向かい側が何故かレーシング場チックになってました。



ファッキンでくりぃむしちゅーポテト食べました(^ω^)



スクールフードT着用の友達。
ちなみにですが、このTシャツを着てた人は、この日友達以外には2人くらいしか見かけませんでした\(^o^)/



そんな感じで久々ゼップ。



関根TからアジカンTに着替えました。寒かった(^p^)w



ライブ後、ゼップから数メートルのとこにある観覧車を意味深に撮影してみた。



そんな観覧車を撮影する俺を友達に激写されました(^p^)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
管理人[なかの]


趣味: 音楽鑑賞
好きな音楽: ロック全般
特に好きな音楽: スピッツ

スピッツを含め、アジカン、ベボベ、FACT、ラッド、9mm、時雨、そのへんがヘビロテです。
が、音楽歴よりもガンダム歴の方が圧倒的に長いです。
そのへんはもう開き直ってます(^o^)
twitter
ブログ内検索
検索エンジンなどからこのブログに来て、探している内容の記事が見つからない場合、再度下の検索エンジンから検索し直してみてください↓

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
▶相互リンク
EAGLE FLY FREE
フェイク*ファー
飛確認未行物体
・*毎日がプカプカプー*
Blog Sugerock
スピッツ歌詞研究室
夢人
グダグダ日記
何の脈絡も無く。
☆XミチノクサXのァホな日常★
虹色ディレイ
・黒鉄君の目☆
・チョコレート&カスタード&チェリーソース
新しい世界へ・・・
vuragile
※リンクがないのは、更新終了かリンク切れしてしまったサイトさんです。

▶管理人用リンク
管理ページ
記事作成
最新コメント
[12/30 NONAME]
[10/12 NONAME]
[09/04 地学]
無題 【返信済み】
[08/09 YUMA]
メールフォーム
何か連絡などあればどうぞ↓

カウンター
バーコード
広告: 忍者ブログ // [PR]

Template By ゆきぱんだ  //  Customized By なかの