蜘蛛と音楽 凛として時雨「moment A rythm」 忍者ブログ
ルーララーうーちゅーうのーかぜにーのーるー♪ってな具合のブログ(・ω・)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

凛として時雨
2ndシングル「moment A rhythm



01. moment A rythm

おすすめ度[9.5 / 10]



約17分のトラックが1曲のみと、ボーカルがロンドンで撮影したフォトブックがセットになった、これまでにない「異様な形」を持つ、時雨のシングル。

3000円という、アルバムと同じ値段なのがネックではありますが、「さすがにシングルに3000円は出せない」と思う人は、素直にそのまま買わない方がいいと思います(上のおすすめ度が満点でない理由はそれです)。
しかし、3000円を払って手に入れることができる「ひとつの世界」としては、個人的には紛れも無く最高の作品であると断言できますし、この「moment A rythm」を越えるシングルは存在しないでしょう。

これまでの時雨の楽曲のように目立った刺々しさなどはなく、テンポもゆっくりめで、ギターやベースがギュンギュン唸るなんてことは全くありません。
しかし、それは恐ろしい程までに冷たく、聴覚神経に絡みついて離れず、17分というトラックの長さを少しも感じさせぬまま、最高の「音」の時間を体感させてくれます。

付属のフォトブックをパラパラとめくりながら、そんな音に塗れて17分間を様々な感覚から感じる・・・、なんて素晴らしいひとときなのでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
無題
こんばんは!
僕もようやく聞くことが出来ました!
なんというか、すごく冷たいですね。そのあまりの世界観の素晴らしさに、17分という曲という事を忘れてしまうくらいでした。
今年はトラバでもお世話になりましたね。いろいろありましたが、来年もよろしくお願いします!
さて、これから感想を書かなければ!
YUMA URL 2008/12/29(Mon)22:14 編集
>>YUMAさん
こんばんは(^ω^)ノ

冷たいですよね。何だかこう、頭の奥の方をつららか何かで刺されているような・・・と、自分の貧相なボキャブラで無理に言葉として言い表さない方がいいですねw

いえいえ!こちらこそ本当にお世話になりました!
来年も是非是非よろしくお願いします!
2008/12/30(Tue)20:16    なかの
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
凛として時雨「moment A rhythm」感想
遅くなりましたが、メジャーデビューシングルの「moment A rhythm」の感想です。 moment A rhythm(2008/12/24)凛として時雨商品詳細を見る まず、この曲...
URL 2008/12/30(Tue)01:41:05
BACK HOME NEXT
管理人[なかの]


趣味: 音楽鑑賞
好きな音楽: ロック全般
特に好きな音楽: スピッツ

スピッツを含め、アジカン、ベボベ、FACT、ラッド、9mm、時雨、そのへんがヘビロテです。
が、音楽歴よりもガンダム歴の方が圧倒的に長いです。
そのへんはもう開き直ってます(^o^)
twitter
ブログ内検索
検索エンジンなどからこのブログに来て、探している内容の記事が見つからない場合、再度下の検索エンジンから検索し直してみてください↓

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
▶相互リンク
EAGLE FLY FREE
フェイク*ファー
飛確認未行物体
・*毎日がプカプカプー*
Blog Sugerock
スピッツ歌詞研究室
夢人
グダグダ日記
何の脈絡も無く。
☆XミチノクサXのァホな日常★
虹色ディレイ
・黒鉄君の目☆
・チョコレート&カスタード&チェリーソース
新しい世界へ・・・
vuragile
※リンクがないのは、更新終了かリンク切れしてしまったサイトさんです。

▶管理人用リンク
管理ページ
記事作成
最新コメント
[12/30 NONAME]
[10/12 NONAME]
[09/04 地学]
無題 【返信済み】
[08/09 YUMA]
メールフォーム
何か連絡などあればどうぞ↓

カウンター
バーコード
広告: 忍者ブログ // [PR]

Template By ゆきぱんだ  //  Customized By なかの