蜘蛛と音楽 RADWIMPS「アルトコロニーの定理」 忍者ブログ
ルーララーうーちゅーうのーかぜにーのーるー♪ってな具合のブログ(・ω・)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RADWIMPS
5thアルバム「アルトコロニーの定理



01. タユタ
02. おしゃかしゃま
03. バグパイプ
04. 謎謎
05. 七ノ歌
06. One Man Live
07. ソクラティックラブ
08. メルヘンとグレーテル
09. 雨音子(あまおとこ)
10. オーダーメイド
11. 魔法鏡(マジックミラー)
12. 叫べ
13. 37458(みなしごハッチ)

おすすめ度[10 / 10]



たった1人の女性への愛情表現のために作られたというこれまでの4枚のアルバムとは、アルバムタイトルの時点で既に一線が引かれ、ファンの間では発売前から様々な話題を呼んでいた今作ですが、これまでのラッドの全作品の中で、これはもう間違いなく最高傑作であると感じました。

格段にレベルアップしている演奏技術はもちろんのこと、ややポップ寄りになりすぎていた3rd、4thに比べ、アップテンポやハイペースのオルタナっぽいサウンド(超俺好み!!!)が中心になりつつ、ローペースな優しめのナンバーをところどころに挟むことで、まずは、アルバムというひとつの作品として、恐ろしいほど素晴らしい形で成立していると言えます。

何より、あれだけ存在感のあったシングル、「オーダーメイド」が、アルバム曲と完全に同列化していることに驚きです。それ程、今回のアルバム曲の完成度がどれも抜きん出ているということになるのでしょうが。
しかし、先にも書いたように、そのそれぞれの曲の完成度の高さ故に、アルバムという作品の形を崩してしまっているかといえば、そんなことは全くなく、全ての曲がそれぞれ完璧にあるべき場所に収まっているという感じです。

そして、「幅広くなった」なんていう言葉だけでは言い表すことができない、今作の詞の世界。
今までの作品に共通して見られた過度とも思える愛情表現は、今回も同様に見ることができますが、その厚み、その重さが、今までとは比べ物にならない光を放っています。
また、そこから派生した「別れ」による感情、果てまた、これまでも何度か見られてきた「生と死」の表現(自傷行為や自殺の類さえも)の追及なども、以前と比べて格段にクオリティが上がっています。
既存のトラックへのセルフオマージュとも取れるような詞が見られるのも、ファンとしては嬉しいポイントです(「メルヘンとグレーテル」は、恐らく「ふたりごと」で唄われていた内容の一部を深く掘り下げたもの)。

何より、愛というものを通じて超主観的な精神論や哲学的な何かに迫ろうとする詞が多く見られ、今までのただ真っ直ぐなだけだった愛情表現は、ひとつの終着点にまで辿りついてしまったのではないかと思えるほどに、そのそれぞれが、何度も何度も心に突き刺さります。

ラッドのそのような「真っ直ぐな愛情表現」に惹かれていたファンからはあまり良くない感想が聞こえてきそうですが(実際、某大型ネット通販ページでは、そのような感想が何件かあるようです)、自分はその全く正反対の印象を持ちました。
むしろ、今までのアルバムが少し軽く聴こえてしまう程に、全てにおいて圧倒的なアルバムができてしまったのではないか、とさえ思います。

素晴らしい。
本当に素晴らしいアルバムです。


地球で一番大切な人の地球で一番大切な人になれた俺は地球で一番・・・
この先は言わなくたっていいんだ 俺が思ってるだけでいいんだ

七ノ歌 / RADWIMPS


このまんまるい地球を客席に 君は君自身をそのステージに
そこで掻き鳴らされるその音に 鳴り止むことない拍手が響く

君は広い客席を見渡す 遠く後ろのほうに目を向ける
一番後ろで拍手を送るのは 地球を一周して見た 君だ

One man live / RADWIMPS


寂しさの隣に君がいて 悲しさの隣に僕がいた
寂しさ 悲しさ 手を繋いで 僕ら二人を会わせたんだ

四人で並んで歩けばいい 手と手を繋いで歩けばいい
一人よりも 二人よりもほら 賑やかで楽しいほうがいいから

ソクラティックラブ / RADWIMPS


たった一つだけ殺めたとしても
たった一つだけ傷つけたとしても
裁かれない命がここにあるよ
この手の一番そばに

傷つけ合うことはできても
その手は握れはしなくて
声はちゃんと聴こえているのに
僕の鼓膜は揺れないの

もう少しだけ このまぶたに載ってて
いつだってそう 見えるのは一人だけ

もう少しだけ その声震わせてて
「泣きたいのに 泣けぬなら 笑えばいい」

魔法鏡(マジックミラー) / RADWIMPS

+ + + + + + + + + +
謎謎」のサビが、ほぼそのまんまバンプの「彼女と星の椅子」なんだけど・・・、これはこれで良いのか?(´・ω・`;)w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RADWIMPS「アルトコロニーの定理」感想
RADWIMPS2年ぶりのニューアルバム「アルトコロニーの定理」感想です。 アルトコロニーの定理(2009/03/11)RADWIMPS商品詳細を見る 気になったところは...
URL 2009/03/16(Mon)23:50:20
BACK HOME NEXT
管理人[なかの]


趣味: 音楽鑑賞
好きな音楽: ロック全般
特に好きな音楽: スピッツ

スピッツを含め、アジカン、ベボベ、FACT、ラッド、9mm、時雨、そのへんがヘビロテです。
が、音楽歴よりもガンダム歴の方が圧倒的に長いです。
そのへんはもう開き直ってます(^o^)
twitter
ブログ内検索
検索エンジンなどからこのブログに来て、探している内容の記事が見つからない場合、再度下の検索エンジンから検索し直してみてください↓

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
▶相互リンク
EAGLE FLY FREE
フェイク*ファー
飛確認未行物体
・*毎日がプカプカプー*
Blog Sugerock
スピッツ歌詞研究室
夢人
グダグダ日記
何の脈絡も無く。
☆XミチノクサXのァホな日常★
虹色ディレイ
・黒鉄君の目☆
・チョコレート&カスタード&チェリーソース
新しい世界へ・・・
vuragile
※リンクがないのは、更新終了かリンク切れしてしまったサイトさんです。

▶管理人用リンク
管理ページ
記事作成
最新コメント
[12/30 NONAME]
[10/12 NONAME]
[09/04 地学]
無題 【返信済み】
[08/09 YUMA]
メールフォーム
何か連絡などあればどうぞ↓

カウンター
バーコード
広告: 忍者ブログ // [PR]

Template By ゆきぱんだ  //  Customized By なかの